2012年04月08日

南相馬で除染活動に携わる桑原さんの訴え                                    ・・・・・・原発被災者を支援する立法のための院内集会A

桜の強さ
 桜の花が、生きる儚さと生き抜く強さを教えてくれます。
幹にしがみつく様にして、蕾が花開くタイミングを計っています♪

                                  桜の強さ
               強かに生きて行けと、桜が示してくれています。

 本当に、日本中で誰もが心から花を愛でる余裕を持てるのは、いつになるのでしょうか?
 あまり報道されませんが、仮設住宅で自らの命を絶たれる方もいらっしゃいます。折角、生き残った命なのに・・・与えられた命なのに・・・と、呟く周囲の声も耳に届いてきます。

 次世代を生きる子どもたちを、正に生かすために働く人々もいます
南相馬で除染活動をする桑原さん

 4月6日、衆議院第二議員会館で行われた、「原発被災者を支援する法律の早期成立を求める院内集会」には、福島から市民団体の方々もいらっしゃいました。
 そんな中で、南相馬市で除染活動に東奔西走していらっしゃる桑原さんが、参加した国会議員7人に向かい、心の叫びともいえる訴えをしています。

 先ずは、その声をお聴きください♪



    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。



    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
      PCからお願いしますね♪

 
 今回の院内集会の司会は、福島の子どもたちを守る法律家ネットワークSAFLANの河ア健一郎さんと、国際環境NGO FoE Japanの満田夏花さんでした。その満田さんの紹介で始まった桑原さんのお話は、現地の苦しみを生々しく伝えます。
 「放射性セシウムは、強アルカリ金属であり、細かい白い粉です。高圧洗浄などでは、除染はできません!!水で撒き散らすだけなのです。除染は、閉じ込めるという方法で行うべきです。」
 「体内に取り込まれたセシウムは、筋肉に溜まります。心臓も筋肉です。今、若年層・中学生や高校生までが心筋梗塞で亡くなるというケースが増えています。数字的に調べてくださいよ!対策をとってください。」
 「十分勉強した上で、法律を守って下さいよ!子どもたちを守ってください!こんな所で飲み食いさせていいんですか?何万ベクレルという所で、食べ物を作っていいんですか?」
 「早急にやって欲しいのは、疎開!!」

 桑原さんの段々熱を帯びてくる言葉が、胸に突き刺さります。
 高線量の土地に子どもを住まわせることは、即刻やめるべきだと訴える桑原さんの他にも、子どもたちへ助けを求める声が、参加した7人の国会議員の皆さんに向けられます。
 引き続き、次回お届けします。




 

 

2012年04月07日

原発被災者支援のための立法に向ける川田龍平議員と福島みずほ議員の思い!!           ・・・・・・原発被災者を支援する立法のための院内集会@

国会議事堂

 昨日、2012年4月6日(金)、国会議事堂向かいにあります衆議院第二議員会館第一会議室で行われた、「原発被災者を支援する法律の早期成立を求める院内集会」に参加してきました!
 これは、去る3月14日に野党から参議院に提出された「平成二十三年東京電力原子力事故による被害からの子供の保護の推進に関する法律(案)」と、与党から3月28日に出された「東京電力原子力事故の被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律(案)」が、現在、国会で審議されていることに対し、より実効性のある法律が一刻も早く成立するよう求めて行われた院内集会です。
 共催は、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)、国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、ハイロアクション福島原発40年実行委員会、脱原発福島ネットワーク、福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト、エコロジー・アーキスケープ、子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク

 こうして文字に起こしてみますと、とても難しく近寄りがたい印象を受けてしまいますが、とても重要な問題です。被災者支援や保護、対策については、本当にもどかしい思いを募らせている方ばかりではないでしょうか?どうして、法治国家である筈の日本で、法に守られること無く危険に身を曝されて日々を送る人々がいるのでしょうか?何故、誰もが求める支援が実現しないのでしょうか?
 とはいえ、被災地の方々が本当に求めている支援を、自分は具体的に知ろうとしていたかしら?支援が遅れている今も、子供たちは放射能の危険に曝されているというのに、段々、他人事になってきてはいないかしら?

 院内集会では、数人の国会議員、そして福島から参加された市民団体の方々のお話を伺うことも出来ました。数回に分けて、音声をアップしていきます。是非是非、出来るだけ多くの方々に聞いて頂きたい!!日本の未来を担う子どもたちを守ろうと東奔西走する政治家の呼びかけを! 必死で子どもたちを守ろうと闘っていらっしゃる皆さんの切なる思いを!

川田龍平議員

 支援法案の与党案と野党案の問題点などは次回に回すとして、誰が考えても必要な支援と思えるものが、どうしてすんなり決まらないのか??立法の妨げになるのは、一体何なのか???
 実は、みんなの党の川田龍平参議院議員が、とても明確に答えてくださいました。
与党と野党、衆議院と参議院、そして関係省庁・・・・川田議員は、実にきっぱりと話しています。しなければならない事、するべき事のビジョンがはっきりと見えている人には、ブレがありません。

                  福島みずほ議員
 
 続いて、社民党の福島みずほ参議院議員がお話されています。この方も、本当に労を惜しまない政治家だと思います。

 では、お二人のお話をお聴きください♪


    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。



   ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
      PCからお願いしますね♪


 与党案に付け加えるべき点が指摘されていて、野党案に取り入れるべき点があるなら与野党協力して、被災者のための立法を目指すべきです。与党議員が野党案を認めているにも拘らず、与党ならぬ政府が、否、政府ならぬ財務省が横槍を入れるなんて、誰のための政治なのか誰による政治なのか判らない・・・。
 そんな不条理な世界を正すべく闘っている政治家もいるということを、私は覚えておきたいと思います。

 川田龍平議員のオフィシャルブログは
     http://ameblo.jp/kawada-ryuhei/
 
 福島みずほ議員のオフィシャルブログは
     http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/


 次回は、福島で除染活動に携わる方の、心の叫びともいえる要望・要請をご紹介します。





2012年04月06日

グンちゃんの「ラブレイン」、どうして低視聴率?

スタジオにて


 今回は、ネットラジオ専用サイトなのに音源が無いのですが・・・ここのところ更新ペースが遅いので、近況報告を兼ねて少しお話したいと思います。

 先ず、グンちゃんの新ドラマ「ラブレイン」の感想から・・・♪
韓国では、驚くほどの低視聴率でスタートしましたね。ど・どうして??
 手法が古臭い!とか、主人公の心の動きがまどろっこしいなどの酷評が目に付きましたが、韓国人気質には確かにそぐわないのかもしれません。手ぐらい、さっさと握ってしまえば良いのに・・・好きなら好きと、どうして言えない?
 ・・・その癖、大道具が倒れてきたり、突然の雨に雨宿り、観光客誘致の為かと思えるほどの風光明媚なロケ地の多用、ここに来て喀血???・・・うん〜ん・・・・でも、ここまで韓流ドラマの古典を踏襲されると、その後の展開の何かの布石に違いないと思わざるを得ないではありませんか。ユン・ソクホ監督、どんな効果を狙って、身を潜めていらっしゃるのでしょうか???と反対に、期待感に胸が躍ります♪ 観てて、きっと何か仕掛けがある筈だから、絶対に(笑)♪

 とはいえ、私はとても気に入っているんですけどね。グンちゃんが、本当に純粋無垢な青年を丁寧に演じています。可愛くて仕方ない♪♪
 例えば・・・・、ドラマの中で国旗降納の際に国歌が流れていますが、この間は、必ず脱帽して姿勢を正し、国旗を正視して忠誠を示さなければならない!ましてや、取締りの厳しかった70年代の韓国だという時代背景を考えれば、生真面目なイナが如何にユニに心を奪われたかが解るエピソードが盛り込まれています。
 第1話ではイナが、ユニの方へ静かに後ずさりしながら近寄り、視線を送るシーンがありましたね。微笑ましいシーンですが、誰もが静止しているストップモーションの中、女性に向かって身体を動かすなどとんでもない行為だったに違いありません。
 しかし、第4話では、イナの耳には国歌など聴こえていない・・・目にはユニしか映っていません。ここでは、完全に国旗に背を向けてしまっている。一途な眼差しが、一途な恋心を反映しています。うん、可愛い(笑) 挙句の果てには、ガシツ!!なんてユニを抱きしめたりして・・誰かに咎められたら国賊!?

 どうして、韓国では視聴率が取れないのでしょうか???私なりに、リサーチしてみました。
 先ず、今の韓国には、放送局がとても多いという事情がありそうです。代表的な放送局は3局ですが、有料チャンネルだけではなく、普通に観られるチャンネル数がとても多いのだとか。
 ですから、当然、制作・放送されているドラマの数が多い!だから、ストーリー展開が速く刺激の多いドラマでなければ、視聴者を獲得・維持することが難しくなってくる。すると、ますます、視聴者はスローテンポのドラマでは、物足りなくなってくるわけです。

 それから、もう一つ!今回の「ラブストーリー」は、巷であまり話題になっていないようです。韓国では、サウナで奥様方が世論を作るといっても過言ではないといいます。ここで話題になった芸能情報が、ドラマの視聴率さえ左右してしまう程の影響力を持っているのだそうです。井戸端会議ならぬ、サウナ端会議!
 この奥様方の話題に「冬ソナ」の監督が久々に作る「ラブレイン」が上って来ていないというのも、番組のPRが少なかったからなのでは?という意見がありました。 あまり、番組の宣伝も告知も目に留まらなかったというのです。確かに、記事になったりはしているけど、一般の人々はあまり知らないというのです。
 だとすると・・・これは、完全な私の想像ですが、「ラブレイン」は、韓国で放送になる以前に、過去最高額で日本が買ったと報道されましたよね。つまり、韓国で視聴率が取れても取れなくても、収益の点では全くの勝ち組、勝ち番組なのです。となると、わざわざ国内でPRに力を注がなくても、あまり大きな問題は無い・・・!? ともすれば、その余力で他の番組のPRをした方が、良い??・・・などと、ちょっと斜に構えて考えてしまいそうになるのですが・・・、これは、単なる独り言です。

 いずれにせよ、第5話からの展開を楽しみに待ちましょう。

 さて、食の安全や放射能汚染についての取材も、怠りがちになっていました。
取材依頼をしたものの返事待ちの案件や、断られてしまうことも続いて、少々挫け気味になっていました。
 でも、自分自身が知りたいこと、知らなければならないと思ったことを丁寧に追究していこうと考えた初心に戻る事にしました。
 早速、明日(あっ、もう今日だ♪)国会議員会館の院内集会に参加してきます。
早々に、取材記を アップするつもりです。
 又、このサイトにお立ち寄りくださいね♪

               (^^♪ 聖子

 





タグ:ラブレイン
posted by 聖子 at 02:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

グンちゃんの新ドラマ「ラブレイン」の期待度♪ カンハンナちゃんに訊くK

著書のポスターの前で

 グンちゃんの新ドラマ「ラブレイン」放送開始まで、あと数日♪ 他国のドラマのスタートを、こんなに心待ちにする日が来るなんて・・・・♪♪ 韓国KBSの放送をパソコンで視聴する予定♪ 韓国語の勉強を始めはしましたが・・・字幕も無い外国語のドラマが理解できる筈もありません。
 でもね、「メリは外泊中」の時に感じたのですが、演技力のある俳優さんは台詞を理解できない視聴者にもちゃんとイメージを伝えてくれるんですよね。反対に、表現力の希薄な俳優さんの場面では、ストーリーを追うことが出来ませんでした。
 本当に、聞き取りやすい発音で台詞を言うということは基本的な条件ですが、“台詞の内容を伝える”ための要素は言葉の意味だけではないのです。台詞でも、喋るトーンやスピード、間、抑揚で気持ちを伝えることが出来ますし、表情やしぐさ、動きが加わると更に多くの感情や情報を観る人に伝えることが出来ます。そういった意味では、意味を理解し辛い言語のドラマを観るというのは、俳優さんの演技力を目の当たりにする作業でした! 


 さて、前回の続きです。カン・ハンナちゃんに、「ラブレイン」の韓国での期待度について訊いています。ちなみに、写真は、ハンナちゃんが韓国で出版した著書のポスターの前で撮った写真だそうです。その本、いつか手に入れたいなぁと思っています。・・・ハンナちゃんの手元に、今は無いのだそうです。


 さぁ、では聴いてください♪ ドラマに厳しい韓国の視聴者たちが、ドラマにどんな反応を示すのでしょうか? 裏番組との巡り合わせの運不運もありそうですよ・・・・

 グンちゃんの国のドラマ事情:カン・ハンナちゃんに訊くKです♪




    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。

 



    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
      PCからお願いしますね♪



 裏番組:SBSの月火ドラマは、ユ・アインさんと奇しくも少女時代のユリちゃん主演の「ファッション王」のようですが、19日から一足早くスタートしています。20日の放送では、視聴率10%を切ってしまった模様で、手厳しい評価が下されているようです。本当に韓国の視聴者は、ドラマに厳しいっ!!
 これで、ますます「ラブレイン」への期待が高まっているに違いありません。グンちゃん、ファイティン♪

 一方、ハンナちゃんがハマったというドラマが、「太陽を抱いた月」。40%を超える視聴率を叩き出した国民的ドラマとなったようです。このドラマは、子役の活躍が目覚しく、一時は、大人になってからの主演の俳優さんたちに厳しい批評が浴びせられたようですが、どんどん期待に応える演技を魅せるようになり、この視聴率につながったといいます。厳しい評価が、俳優さんたちを大きく成長させたのですね。このドラマも観たい・・・ん?・・・・カバヤキ??


 次は、「ラブレイン」放送後の韓国視聴者の反応を、是非、ハンナちゃんにレポートしてもらいましょう♪






2012年03月15日

グンちゃんの新ドラマ「ラブレイン」の韓国での期待度♪ ハンナちゃんに訊くJ

ハンナちゃんと娘

 カン・ハンナちゃんのことが大好きな娘が、念願のハンナちゃんとのプリクラデートを果たしました(笑)
最近の子供は、タレントでもないのに写真の撮られ方を良く知っている!!何だか・・・ついていけないオバサン・・・。なのに、ついつい乗せられてプリクラデビューしてしまいました。二人に耳を付けられ、頬を染められ・・・ロングヘアの女性は、時々無理やり仕事を手伝ってもらっている友人、嫌がる彼女を今日は無理やりプリクラのブースに連れ込みました♪
 かなり、消極的にupしてみました。・・・どう観ても、オバサンは邪魔ですね・・・。

                                ついついプリクラ♪


 さて、最近のハンナちゃんは、TOKYO MXという東京のテレビ局(9チャンネル)の、外国人タレントがパネリストとなって自国と日本の文化について語る、21時〜の「ゴールデンアワー」という番組に出演しています。
 ハンナちゃん、ファイティ〜ン♪

 本当に、何でもないことが日本人ならではの習慣だったり、考え方であったり・・・ハンナちゃんと話していると、楽しい発見が沢山あります。
 先日も、チューインガムで盛り上りました♪ 
「日本のガムは、小さいガムでも一つ一つ紙に包まれているのは何故?バッグの中で、バラバラにこぼれてしまって、バッグの底から思わぬ時に見つかることがあります。」
 韓国では、トローチのようなパッケージから押し出して口に入れるタイプのものが多いとか・・・
「それだと、噛み終わった後の包み紙が無いよね。」
「えっ?あの小さい包み紙は、捨てないのですか?」
「うん、たいていポケットに入れておいて、噛み終わったガムを包むよ!」
「えぇ〜っ!!日本人っぽい〜っ♪ 」
「えっ?韓国人だと?」
「あの紙は、捨てると思います。噛み終わったら、男の子だったらそのままゴミ箱に捨てるか、女の子はティッシュに包んで捨てるかな・・・」

 ちなみに、新大久保の韓国料理屋さんで帰りにサービスで頂くガム、どのお店でも同じピンクの包み紙のガムを下さいますが、韓国では見かけないんですって!遊びに来たハンナちゃんのお友達は、このガム何?どうして新大久保には、このガムばかりがあるの??って、話題になるんですって。韓国の代表的なガムなのかと思ってた・・・(笑)。
 

 さあ、本題に入りましょう♪
 グンちゃんの新ドラマ、「ラブレイン」・・・私は「사랑 비」の響きが好きなんだけど・・・とても楽しみですね。ワクワク♪♪ 韓国では、どうなのでしょうか??ここらあたりで、グンちゃん主演のドラマが自国で大当たり!!という金字塔が欲しい気がしますが・・・・。
 又、寒い韓国から、寒がりのグンちゃんが北海道ロケ・・・わざわざ来なくても!?と思わないでもなかったのですが、私だけかな??

 では、ハンナちゃんに訊くグンちゃんの国の芸能界事情Jになります♪ 聴いてください♪♪




    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
      PCからお願いしますね♪



 うぅ〜ん!韓国では、前宣伝よりも出演者が誰であるかよりも、ドラマが面白いかどうかが問題!!視聴者のお眼鏡に叶う作品であるかどうかは、放送が始まってみなければ判らない!!!
 
 過去のユン・ソクホ監督の作品、四季シリーズを見続けました。印象的な色使いに、心を奪われてしまうシーンの多かったこと♪ 白状します!ストーリーはうろ覚えなんだけど、目に焼きついたシーンが沢山あります。そのシーンが、何のシーンだったか思い出せなくても、忘れられない絵柄がいくつもあります。
 そんな中に、グンちゃんがいるなんて・・・あ〜ぁ、早く観たいぴかぴか(新しい)



 次回は、ドラマの視聴率を大きく左右する原因の一つに、裏番組の存在があることをハンナちゃんが語ってくれています。お楽しみに♪






2012年03月11日

放射能汚染・・・身を守る食生活♪ 栄養医学研究所・佐藤章夫所長に伺う

桜

 春よ来い♪ 早くこい♪♪
春が待ち遠しくて、ついつい、これまで撮りためていた春の写真を貼り付けてしまいました。

 今日は、日本中が祈りに包まれる一日となりましたね。亡くなった方々のご冥福と、残された方々が少しでも癒されるよう、願わずにはいられません。この一人一人の祈りのエネルギーが、日本の糧となる事を願わずにはいられません。
 心の春は、一体いつ来るのでしょうか!?

                           春よこい!

 沢山の特別番組が放送されていますね。膨大な記録映像が、ただ垂れ流しにされるのではなく、そこから何かを学び、行動に移さなくてはいけないのですよね。
 自衛隊の活動記録も、食い入るように観ました。

 実は、昨年の震災の直前に、私の息子は陸上自衛隊高等工科学校の合格通知を手にしていました。そんな学校があることも知らなかった私たち家族は、中学3年生のクラスでも前から2番目に小さい彼が選んだ進学先で、ちゃんとついていけるのかどうかとても不安に感じている矢先の震災でした。
 真っ先に被災地に入り、過酷な環境の中で救助に当たる自衛隊員の活躍を、私たちはテレビにかじりついて観ていました。・・・・こんなことが、我が息子に出来るようになるのだろうか・・・息子は、恐れおののいて尻込みしてしまうのではないか・・・。ハラハラしながら見守っていましたが、ビックリしたことに、彼はいっこうに怯むことなく、昨年4月1日、武山駐屯地内にある高工校に入校しました。
 寮生活を送る息子に会える機会は多くありません。この1年間、会う度ごとに精神的な成長を感じさせてくれるとはいえ、3月末生まれの息子は、まだ15歳です。15歳の息子が行くべき道を見つけて頑張っているのに、負けられないなと感じている母です。出来ることを、淡々としていこうと考えている母です。

春よこい!


 数年ぶりに、電波のラジオ番組の方で栄養医学研究所所長・佐藤章夫さんにお話を伺いました。当時の番組の様子は、栄養医学研究所のホームページで聴けるようにしてくださっています。

 http://www.nutweb.sakura.ne.jp/

 私のホームページでも健康取材記で、その時に伺った内容を記しています。

 http://report.seiko-masuoka.net/?cid=19817

 食事をどのように摂るべきなのかを、根本から教えてくださる佐藤章夫さんです。
今回も、歯の詰め物・アマルガムや、予防接種のワクチンに使われている水銀が脳に蓄積されていく怖いお話を伺いましたが、基本は、溜まったものは出せばよいということ。出すために必要な栄養素が、何かを知ること。でも、それ以前に、食べたものをきちんと消化して吸収できる身体であるか、そんな食べ方をしているかどうか!!
 必要な栄養素を含む食材を食べても、消化吸収できなければ、何の効果も望めないわけです。

 そんなお話を伺ったのですが、健康番組でお話いただいたことは、ホームページの健康取材記でご紹介することにして・・・番組取材の後で、ネットラジオ用にお話いただいた部分を、こちらのサイトではご紹介してまいります♪


 では、聴いてください♪
 栄養医学研究所所長・佐藤章夫さんに伺った、放射能汚染から身を守る食生活についてです。




    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。






   ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪


 お話の中に出てきた佐藤章夫さんのブログは、こちらです。

 http://nutmed.exblog.jp/

 放射能から身を守るお話は、2011年5月
 解毒については、2011年6月に特集されています。

 とても、為になるお話が一杯です! 私も、勉強させていただいています。


ホームページの健康取材記に、歯の詰め物や予防接種のワクチンから水銀が体内に蓄積されている危険性についての記事をアップしました。

 http://report.seiko-masuoka.net/?eid=1111465






タグ:佐藤章夫

2012年03月03日

韓国ドラマの吹き替え現場の裏話♪ 声優・広田みのるさんに伺う・・・とうとう最終回D

 いろいろな事が滞った2月・・・ここ8日ほど、10年来の体調絶不調に見舞われ、本当に弱っていました(-_-;)
 そんな中、知人が番組の取材で北海道ロケ現場に行くというから・・・(勿論、「サランピ」の!!グンちゃんの!!!)、その逆取材でレアネタ頂き♪ との期待だけで乗り切ろうとしていたのにぃ〜・・・取材が中止になったんですって。しかも、寒いから!という理由で・・・。なんてこと、なんてこと、なんてことぉ〜!!愛が足りなさ過ぎるわぁ〜っ!!!

おひなまつり

 仕方ないので、ちょっと調子の良かった日に、カン・ハンナちゃんとお雛祭りの女子会をしました。韓国では、ひな祭りに相当する行事が無いとの事、とても楽しんでくれましたよ♪
 ほら、我が家のお雛様より可愛いハンナちゃん♪♪
 ハンナちゃんが、韓国海苔巻きを作ってくれました。手際よく、上手に巻いていくのでビックリ(^^)v 海苔巻きのご飯は、ごま油とお塩で味付け、具は、ほうれん草・人参・きゅうり・玉子焼き・ハム・沢庵・甘辛く炒り煮したひき肉・ちくわ・・・・巻いた後で、海苔にごま油を塗るのです。切った後から、ゴマをパラパラ・・・。
 日本の海苔巻きより薄めにカットするのは、一口で食べるからなのかも・・・。お口の中で、全てがミックスされて美味しい♪♪

海苔巻き

 私は、散らし寿司を用意しました♪ 
私は、ごぼう・人参・しいたけ・油揚げ・ちくわ・きくらげを煮て混ぜ込み、海苔・ゴマ・錦糸玉子・えび・さやえんどうをトッピング!本当は、焼きアナゴを沢山使いたい所なのですが・・・海底に棲むお魚をどうしても躊躇してしまいます。今年は、控えてしまいました。                                        ちらし寿司


 さて、声優の広田みのるさんに伺ってきた楽しいお話♪♪ 収録した最後の部分のお届けになります。
 韓国ドラマの吹き替え現場の裏話♪ 身振り手振り・・・実を言うと、今回は立ち上がってやって見せて下さったりと、大サービスのお話だったのですが・・・、残念ながら、少々いえ、多々カットさせて頂いた部分があります。形態模写の部分を皆様にお伝えすることが出来ないのが、残念です。
 「パラダイス牧場」の吹き替え現場で、演技に不慣れなチャンミンが、一生懸命に取り組んでいる姿が微笑ましかったのでしょうね。声優さんたちは、チャンミンが台詞で表現しきれない感情を、台詞を言い切った後の顔の表情で表そうとすることに、彼の努力を感じたようです。

広田みのるさん

 又、広田みのるさんが吹き替えを担当したチャンミンのお父さん役の舌打ちに悩まされたお話も、興味深かったです♪
 では、聴いて下さい♪ 韓国ドラマの吹き替え現場の裏話:声優・広田みのるさんに訊くDです♪♪



     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪



 韓国の脇役の俳優さんたちが、何かしら目立つ演技をするって、しのぎを削って厳しい世界で生きていることが解るエピソードだと思いませんか!? 確かに、吹き替えの現場では、「どうしてそこで、そういうことしてくれちゃうかなぁ〜」なんて事になるのでしょうね。

 いかがでしたか?
又、機会があったら・・いえ、無理やり機会を作って、広田さんにご登場いただきたいと思います♪ 何せ、大学の後輩ですから、彼は。。。きっと、断ったりはしない・・・筈・・だけどな・・・。
 ちなみに、この後、吉祥寺で有名な焼き鳥屋さん、伊勢屋さんで一杯やりました♪・・・一杯ぢゃぁなかった、ホントは・・・。








タグ:広田みのる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。