2012年02月27日

震災1年を目前に、今考えること!・・・安保徹教授に伺う、自己免疫力を高める考え方♪

娘が作ったパパへのチョコ

 写真は、中1の娘がバレンタインデーにパパにあげたチョコレート♪ と言っても、友達にあげるために作った30個のチョコレート菓子(今年は、ホットックの中身をチョコレートにして作ってましたが、結構、これが、どうして新大久保に無いの?っていうくらいイケてました♪)の残り物のチョコレートを湯煎して、クッキングシートの上に垂らしながら描いたパパの顔です。
 娘は、バレエの先生からお菓子一生禁止令が出ていますから(笑)、味見はもっぱら私の仕事。とうとう残ったチョコレートさえ、もう勘弁して!さすがのママも甘いのはもう食べられない!という状態になった時点で、急遽、パパへのプレゼントを思いついた模様♪ いわば、残り物のエコ活用で生まれた副産物なんですが、事情を知らないパパは、それはもう喜んでました(大笑) 写メ撮ったりして・・・(爆)

 こんな日常の何気ない一コマが、どんなに幸せかを私たちは、ついつい忘れがちです。
この日常が、ある時突然絶たれてしまう・・・病気であったり事故であったり、災害であったり、そんな何某かの理由で突然に日常が切り取られてしまい、残されてしまった人は、とても大きな努力を伴って、その現実に寄り添っていかなければなりません。
 私の日常の一編が切り取られたのは、父の脳梗塞の発作が起こった瞬間からでした。東京から連休を利用して実家に帰った私の為に、前の晩は料理自慢の父が腕を振るって夕食を用意してくれていました。その次の朝には、まるで別人になってしまいました。それでも、色んな段階を経て、数年の時間が私たち家族には与えられましたから、後悔することが沢山あるとはいえ、幸せだったと思います。

 私の身近に、津波でご両親やご親戚、友人を亡くされた方がいらっしゃる事は、以前書かせていただきました。3月11日が近づくにつれ、心中穏やかではいられないだろうと、ただただ想像するしかありません。実際に、3月ならずとも、毎月9日過ぎると情緒不安定になってくるよねと、ご主人が仰っていると聞きました。
 このような想いをなさっている方が、どれだけいらっしゃるのでしょう。何か出来ることはないかとこのサイトを立ち上げたのに、結局、何も出来ていないどころか、尻込みしてしまっている最近の自分にがっかりしている自分が、ここにいます・・・・。



 ラジオの健康番組の方で、この時期だからこそ、精神的ストレスを抱えた方が少しでも楽に過ごせるためのアドバイスや、それを見守る方のためのアドバイスをいただけないかと、あるセラピストの女性に久しぶりに取材依頼をしました。
 その女性は、私が個人的にも女性として憧れている方の一人です。カウンセラーとしてご自分の経験に照らし合わせて相談者の心を解していく、凛とした・・でも、たおやかな女性です。様々な困難から自立しようとする相談者が、この方の元を訪れることによってどれだけ安心することか・・・。

 ところが、今回の私の依頼に答えられることが何も無いから・・・と、とても長い丁寧な辞退のメールを頂きました。これまで、複雑な人生の岐路に立つことが多かったご自分の経験に当てはめたり、想像することで大抵の相談に応じることが出来たけど、今回の震災による被災者の方々の心の苦しみを推し量るすべも無い・・・。自分如きが軽々しく言える言葉は、本当に何も無いと、その方は感じていらっしゃったのです。
 その女性は、セラピストとしての活動に終止符を打ち、新たな勉強を始めることを決意していらっしゃいました。自分に出来ることは、せめて、被災地に緑を植えること。新たな生命を植えつけるお手伝いなら出来るのではないかと・・・。植樹のための勉強を始められるそうです。

 又、神戸の震災からいち早く立ち直った方や、今回の震災から既に立ち上がって行動していらっしゃる方々の声なら、人々の胸に届くのではないか♪ 更には、子供たちが何よりの優れたヒーラーになるはず♪ というメッセージも頂きました。


 やっぱり、私の憧れの女性です!! 常に、私の前を照らしてくださっています♪



 昨年末に、ラジオの健康番組で、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(国際感染医学講座免疫学・医動物学分野) 安保徹先生にインタビューさせて頂きました。
 免疫学に関する発見が世界的な評価を得ていらっしゃる先生で、著書も本当に沢山!!ところが、お話させていただくと、朴訥とした口調に、こちらの緊張感もつい緩んでしまいます。

安保先生の著書


 実は、ラジオ番組では放送しなかった部分の音声を、ご紹介しようかどうしようか、ずっと迷っていました。
 インタビュー終了後、改めて繰り返し聞いてみて、被災者の方々に、こんな風に考えてみては?とは、とても言えないと思ったからです。こんな風に、能天気に考えられるはずないと感じてしまったからです。

 健康番組を長年やって来て、人間そのものが自然の一部だと感じることが多々ありました。自然の猛威の前には、あまりにも無力だと虚無感に苛まれそうになります。でも、その自然の一部だから、人間は強かさも持ち合わせているはず。マクロに捕らえるか、ミクロに捕らえるか・・・都合の良い時に都合の良い考え方をして、私たちは日常を取り戻しても許されるのかもしれません。いえ、取り戻さなければならないのだと思います。


 とりあえず、皆さんはどんな風に考えるか、安保先生のお話を聴いて頂くことにしました。
震災に限らず、病気や生活や環境、人間関係・・・様々な問題でストレスを抱えていらっしゃる方が大勢いらっしゃると思います。こんな風に捉えられたら、とても楽だろうなぁ〜と一人でも感じていただけると嬉しいです。


 では、聴いてください♪





    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





   ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪



 いかがでしたか?

 私に出来ること、・・・・これから、やっぱり探し続けていこうと思います。









ラベル:安保徹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。