2012年03月03日

韓国ドラマの吹き替え現場の裏話♪ 声優・広田みのるさんに伺う・・・とうとう最終回D

 いろいろな事が滞った2月・・・ここ8日ほど、10年来の体調絶不調に見舞われ、本当に弱っていました(-_-;)
 そんな中、知人が番組の取材で北海道ロケ現場に行くというから・・・(勿論、「サランピ」の!!グンちゃんの!!!)、その逆取材でレアネタ頂き♪ との期待だけで乗り切ろうとしていたのにぃ〜・・・取材が中止になったんですって。しかも、寒いから!という理由で・・・。なんてこと、なんてこと、なんてことぉ〜!!愛が足りなさ過ぎるわぁ〜っ!!!

おひなまつり

 仕方ないので、ちょっと調子の良かった日に、カン・ハンナちゃんとお雛祭りの女子会をしました。韓国では、ひな祭りに相当する行事が無いとの事、とても楽しんでくれましたよ♪
 ほら、我が家のお雛様より可愛いハンナちゃん♪♪
 ハンナちゃんが、韓国海苔巻きを作ってくれました。手際よく、上手に巻いていくのでビックリ(^^)v 海苔巻きのご飯は、ごま油とお塩で味付け、具は、ほうれん草・人参・きゅうり・玉子焼き・ハム・沢庵・甘辛く炒り煮したひき肉・ちくわ・・・・巻いた後で、海苔にごま油を塗るのです。切った後から、ゴマをパラパラ・・・。
 日本の海苔巻きより薄めにカットするのは、一口で食べるからなのかも・・・。お口の中で、全てがミックスされて美味しい♪♪

海苔巻き

 私は、散らし寿司を用意しました♪ 
私は、ごぼう・人参・しいたけ・油揚げ・ちくわ・きくらげを煮て混ぜ込み、海苔・ゴマ・錦糸玉子・えび・さやえんどうをトッピング!本当は、焼きアナゴを沢山使いたい所なのですが・・・海底に棲むお魚をどうしても躊躇してしまいます。今年は、控えてしまいました。                                        ちらし寿司


 さて、声優の広田みのるさんに伺ってきた楽しいお話♪♪ 収録した最後の部分のお届けになります。
 韓国ドラマの吹き替え現場の裏話♪ 身振り手振り・・・実を言うと、今回は立ち上がってやって見せて下さったりと、大サービスのお話だったのですが・・・、残念ながら、少々いえ、多々カットさせて頂いた部分があります。形態模写の部分を皆様にお伝えすることが出来ないのが、残念です。
 「パラダイス牧場」の吹き替え現場で、演技に不慣れなチャンミンが、一生懸命に取り組んでいる姿が微笑ましかったのでしょうね。声優さんたちは、チャンミンが台詞で表現しきれない感情を、台詞を言い切った後の顔の表情で表そうとすることに、彼の努力を感じたようです。

広田みのるさん

 又、広田みのるさんが吹き替えを担当したチャンミンのお父さん役の舌打ちに悩まされたお話も、興味深かったです♪
 では、聴いて下さい♪ 韓国ドラマの吹き替え現場の裏話:声優・広田みのるさんに訊くDです♪♪



     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪



 韓国の脇役の俳優さんたちが、何かしら目立つ演技をするって、しのぎを削って厳しい世界で生きていることが解るエピソードだと思いませんか!? 確かに、吹き替えの現場では、「どうしてそこで、そういうことしてくれちゃうかなぁ〜」なんて事になるのでしょうね。

 いかがでしたか?
又、機会があったら・・いえ、無理やり機会を作って、広田さんにご登場いただきたいと思います♪ 何せ、大学の後輩ですから、彼は。。。きっと、断ったりはしない・・・筈・・だけどな・・・。
 ちなみに、この後、吉祥寺で有名な焼き鳥屋さん、伊勢屋さんで一杯やりました♪・・・一杯ぢゃぁなかった、ホントは・・・。








ラベル:広田みのる

2012年02月16日

声優・広田みのるさんと語る韓国ドラマについてC♪ そして、きみぺイベ劇場中継の個人的感想♪

海苔巻き

 ここのところ、新大久保を案内して頂く機会に恵まれ、集中して韓国料理を食べるチャンスが♪♪
大久保通りと職安通りの間の小さい路地に、美味しいお店がいくつも!!美味しい美味しい・・・もぐもぐもぐもぐ・ゴクゴク・・・や・やばい>>>この年で、成長期に突入してどぉするっ!??(言うまでも無く、体重無制限増加中〜)

                プデチゲ

 さて、先日、京セラドームで行われた「きみはペット」のイベント生中継を、友人と都内の劇場で観て来ました♪ 隣に座った方が、私と同世代・・・つまりオバサン2人連れ。。。。。う・うるさいっ。。。。。。始まる前は、「グンちゃん、可愛い〜!!もぉ、私、どぉしよう〜!!!」とハイテンションの呟きがそれなりに微笑ましくも思えたのですが、、、とうとう、最後まで、そのお二人は喋り続けていらっしゃいました。しかも、相当、大きな声で。
 これには、かなり参りました。グンちゃんがどんなに好きか、どんなに素敵か、どんなに可愛いかを・・・時には、リュ・テジュンさんに向かって、「きゃぁ〜!!どうしよぉ〜!この人、カッコイイ〜。私、物凄く好みっ!グンちゃん観に来て、帰る時にはこの人のファンになってたらどぉしよぉ〜!?」などと、大きく呟き続けていらしたのです。

 まっ、この方々でなくとも、リュ・テジュンさんの歌の巧さにはビックリしてしまいましたね♪ カン・ハヌルさんにも、舞台で鍛え上げた喉に魅了されました。ヤバいよヤバい!!グンちゃん、こんな実力派を取り揃えちゃ、ヤバいよぉ〜っ!!なんて心配したほどです。でも、ほんの束の間でした♪ グンちゃんが出てくると本当に一瞬で目を奪われてしまう・・・まさに神様からのギフトを持って生まれた子なんですね♪ 身に纏ったオーラとステージセンスの良さは、身につけようと思って身につけられるものではありません。
 でもね、だからこそ言いたいっ!!惜しいっ!是非、第一線の指導者について、ヴォイストレーニングとダンスの本格的なレッスンを受けて欲しい!!そうすれば、怖いもの無しのエンタティナーなのに・・・。ホント、惜しいっ!


 さて、今回は、広田みのるさんと韓国ドラマのマチガイ探しとも言える話題で盛り上った部分をお送りします。広田みのるさんは、韓国ドラマの吹き替えも数多く手掛けていらっしゃる声優さんです。ちょっと斜めから観る韓国ドラマ・・・悪乗り気味に盛り上ってしまいました♪

声優:広田みのるさん



 では、聴いてください♪ 声優・広田みのるさんに訊くC 「グンちゃんの国のドラマについて」です♪



     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。







   ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪


 いかがでしたか? 私もそうなのですが、ついつい制作者の立場で番組を観てしまいがちなんですね。だから、どうしてこう繋ぐのかしら・・・とか、このインサート画面は何故?・・・とか・・・。素直に感情移入して観た方が楽しいのに・・・ついつい・・・。
 広田みのるさんのように吹き替えの現場となると、台詞のタイミングを合わせるために、それはもう画面の隅々にまで気を配って臨む訳ですから、一般の視聴者が見逃してしまうであろう細かいところまで目が行ってしまうのも頷けます。


 広田みのるさんのお話、残るは1回となりそうです。
どうぞ、次回もお楽しみに♪♪





2012年02月03日

グンちゃんの国のドラマの吹き替え現場の苦悩♪:声優・広田みのるさんに訊くB

韓国ドラマの吹き替え台本

 お待たせしました♪ 声優さんに訊く、韓国ドラマ吹き替え制作現場シリーズ♪♪ 3回目をお届けします♪
 
 「とあるイケメン俳優の吹き替えをしている僕の友達は、ホントにもう泣く勢いで必死にやっているので・・・柔らかい温かい目で見てやっていただけると・・・」
 ・・・(笑)これが、今回の最重要ポイントです!!今回も、興味深いお話をお届けしますよ〜♪


 皆さんは、韓国ドラマを字幕で楽しみますか?それとも、日本語吹き替えで??
 私自身、チャン・グンソクという韓国の俳優さんを知るまでは、吹き替えであろうが字幕であろうが、ストーリーを追えれば良かったのですが・・・声質や声のトーン、リズムなどの台詞回しや表現の多様さに気づいてからは(解らない外国語ながら・・・)、やはりオリジナルで!!と思うようになってしまいました。
 一方で、声優の仕事をした経験はありませんが、同じお喋りの仕事をしている身としては、声優さんたちがオリジナルの台詞回しを忠実に表現しない裏には、何か理由があるのではないかとも思っていました。そう、忠実に表現しないのではなく、出来ない事情があるのではないかと・・・。

 今回、お話を聞かせてくださったのは、声優であり俳優である広田みのるさん♪ 広島出身、私の大学の後輩でもありましたので、否応無しに現場の裏話を披露させられた!!というのが、彼の本音かもしれませんね。広田さん、ごめんね♪



 では、お聴きください♪




     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪



 習慣的に、興奮した際の言葉を開放状態で放つ韓国と、ぐっと閉めて抑える日本・・・顔の筋肉の動きが違いますから、表情が微妙に違います。言葉の音の持つ潜在的なイメージと聴こえてくる表情が違うと、無意識の内に違和感を感じてしまうのではないかというのです。こうした意識下の違和感が続くことで、「何だか変っ!」という認識になってしまうのではないかと・・・。

 なるほどぉ〜!!声優さんたちが言葉の意味を伝えるために、オリジナルの俳優さんの演技に寄り添いつつ、文化や習慣の壁にも悩まされながら作品を作り上げているのですね。
 ちょっと、吹き替えドラマの見方・聴き方が変わってきませんか?


 次回も、楽しくて興味深いお話が続きます♪
お楽しみに♪♪




ラベル:広田みのる

2012年01月20日

グンちゃんの国のドラマの吹き替え制作現場:声優・広田みのるさんに訊く♪ A

吹き替え台本


 韓国ドラマ吹き替え版を制作するにあたって、キャスティングはもっとも大事な作業の一つでしょう。並み居る声優さんの中から、ディレクターが誰を選んでいくのか・・・今回お話を聞かせてくださった声優であり俳優の広田みのるさんが、初めて本格的な声優としての配役を掴んだ理由は、オリジナルの俳優さんに似ていたから!!
 ほら、どちらが本当の広田みのるさんでしょう!???・・・判るか、簡単に・・・。(ーー;)


                           声優:広田みのるさん広田みのるさん♪                 声優さんとオリジナルの俳優さんイム・デホさん♪


 前回お話しましたように、顔の骨格が似ているということは、お顔が似ているということなのですが、口の開け方や口の中の環境・・つまり声帯や反響板としての口腔内が似ているということ・・・つまり、声や発声、話し方まで似ていてもおかしくはありません。
 広田みのるさんにとって、韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」のヒョッポ役は一生ものの宝になったに違いありません。だからこそ、携帯にはイム・デホさん扮するヒョッポの写真が大切に保存されているのです。その画像を探し出して見せてくださるところから、今回はスタートします♪


 では、グンちゃんの国のドラマ:声優・広田みのるさんに訊くAをお聴きください♪



     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





    ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪



 9テイク・・・録り直し9回
 こぼす・・・時間内に収まらないこと。長めになること。
 かえり、かえし・・・ヘッドフォンから聴こえてくるモニター音。
 原音・・・オリジナルの作品の音声。
 生音、生の音・・・モニターを通さず、直接聴こえてくる音。
 SE・・・Sound Effect 、効果音。
 かぶる・・・音が重なること。
 マイクを振る・・・誰がどのマイクを使うか、振り分けること。
 フィルター・・・音を加工する。
 別録り・・・部分部分で別々に収録すること。
 タッパ合わせ、尺合わせ・・・スピードを調整して所要時間を合わせること。
 完パケで録る・・・完全パッケージ、全てが一斉に揃っている状態で録音する。

 今回のシリーズでは、こんな用語が沢山出てきます。ついつい、いつもの調子で口にしてしまいましたが、もしかしたら耳慣れない表現があったかもしれませんね。


 では、次回もお楽しみに♪♪











2012年01月18日

グンちゃんの国のドラマ:声優・広田みのるさんに訊く@

グンちゃんの国のドラマ:声優・広田みのるさんに訊く@


 映画「きみはペット」のプロモーションで、グンちゃん来日♪
又、しばらくはグンちゃん旋風が吹き荒れそうですね♪♪

 さて、きっと多くのグンちゃんファンは、あの声が素敵っ!!と思っている筈・・・だから、日本語吹き替え版はちょっとぉ・・・と敬遠してしまうのでは? とはいえ、グンちゃんの声や韓国語の響きに(解らないながらも!!)目覚めるまでの入り口で、吹き替えドラマは大きな役割を担っているかもしれません。実際に、グンちゃんが出ていないドラマは、字幕を読んでいると何も出来ないので、ついつい吹き替えで楽しんでしまうこともある私・・・邪道??許されない???

 グンちゃんのように、言葉のニュアンスに拘ったり、喋るトーンに繊細な変化を付けたりする表現力豊かな俳優さんは、解らない言語ながら観る者・聴く者に魔法をかけてしまいます。でも、新人さんやアイドルの台詞回しが、棒読みなんだろうなぁ〜、たどたどしいのだろうなぁ〜と感じることはあるのです。本当に、人の音声って恐ろしい!伝えるのは、記号としての意味だけでないのです!!(そんなお喋りを生業としていることに、改めて怯える私・・・)
 そんな時、吹き替えの方がかえってしっくりくることもありますね。

 声優さんたちが、オリジナルの俳優さん達のイメージを壊さないよう、なおかつ、様々な制約の中で作り上げていくのであろう吹き替えドラマに、焦点を当てていきたいと思います。絶対に、人知れず努力をなさっている筈!!

 そこで今回は、コネクションを使いまくって、広島出身の声優さん・広田みのるさんにお話を伺ってきました♪ 「朱蒙(チュモン)」、「新入社員」、「太王四神記」などの韓国ドラマやアニメ、又、俳優さんとしても活躍していらっしゃいます。
 ・・・私・増岡聖子も広島出身!広島時代のコネクションを使って、吹き替えの制作現場についてお話を伺いたいっ!!とお願い致しました。彼にとっては大先輩となる広島の業界人を通じてお願いしたので、彼は絶対に断れなかったのです・・・うふふ・・・(*^^)v


 
 では、グンちゃんの国のドラマについて、声優・広田みのるさんに訊く@、どうぞお楽しみください♪




     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
      WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。
 




   ※iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
    PCからお願いしますね♪



 
 顎の骨格などが似ていると、声や喋り方が似ているんです♪ 声優さんも、顔キャス(ティング)・・・なるほどね♪♪
 広田みのるさんが、「朱蒙」のヒョッポ役を手にした理由が、まさにお顔が似ているからだったのです。広田みのるさんの携帯に残してあったのは、ヒョッポ役のイム・デホさんの写真でした♪ ほら、確かに似てる!!

          声優さんとオリジナルの俳優さん


 180センチもある大柄な広田みのるさん、吉祥寺のカフェでケーキとお茶(・・・ちょっと違和感(^_^;))でお付き合いくださいました。お話は、どんどん面白くなります♪
 又、次回をお楽しみに♪♪






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。