2011年07月16日

チェルノブイリへのかけはし代表:野呂美加さんへのインタビュー(2)

 NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表:野呂美加さんに伺ったお話を、数回に渡って聴いていただこうと思っています。その2回目!

 野呂さんが、チェルノブイリの子供達と付き合ってきた19年間で得た知識を、惜しげもなく提供してくださっています。今回は、低線量被曝の対策として具体的な生活の注意と食べ物についてお話いただいている部分のご紹介!!是非、お役立て下さい。

 放射能によって傷つけられたDNAを修復しようとする力を、私達は持っています。それには、酵素が必要なのですが、酵素栄養学については、以前、私のホームページの健康取材記でも取り上げています。
    http://report.seiko-masuoka.net/?cid=43991

 加熱していない生の果物や野菜を食べることで、その食物自体が持っている酵素の力を借りて、代謝機能を高めましょう。


 
    チェルノブイリへのかけはしのHPは、こちら・・・。
        http://www.kakehashi.or.jp/

 
    増岡聖子のHP,健康取材記でも、チェルノブイリへのかけはしの取材記を書いています。       
        http://report.seiko-masuoka.net/





     ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
       WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。




     ※携帯では聴くことができません。



 次回は、心の持ち方について・・・
いずれも、本当に役立つ情報です。

(^^♪ 増岡聖子



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。