2011年07月11日

チェルノブイリへのかけはし代表:野呂美加さんに伺う!

 ラジオの健康番組を担当して、もう10年・・・それ以上です・・。ありきたりの健康情報ではなく、見過ごされがちな代替療法や、社会通念という壁に押し潰されそうな少数派の情報なども、できるだけ自分なりのフィルターにかけて、お届けすべきと感じた情報は発信していきたいと考えてきました。
 でも、折角、心に触れるお話を伺えても、番組の都合や放送局の方針、単なる時間的制約など、様々な条件によって充分に放送できない場合があります。もっと、じっくりと聴いていただきたいと感じたテーマを、ここでお送りしていこうと思います。皆さんにも、たっぷりと聴いていただければと思います。どうぞ、お付き合い下さい。



 NPO法人チェルノブイリへのかけはしの代表:野呂美加さんにお話を伺いました。
 チェルノブイリの原発事故が起きたのは、もう25年も前のことです。その原発事故で撒き散らされた放射性物質の70%が降り注いだといわれるベラルーシから、野呂さんたちは、毎年夏休みの1ヶ月間、子供達を呼び寄せて日本で保養させるという活動を19年間も続けていらっしゃいました。奇しくも20回目の節目を迎える今年、ベラルーシから子供達は日本にやってきません。
 ・・・・・25年を経て、2世3世の世代になっても、子供達が放射能に苦しめられているという事実を、私は正しく理解していませんでした。皆さんは???


 チェルノブイリへのかけはしのHPは、こちら・・・。
        http://www.kakehashi.or.jp/

 
 増岡聖子のHP,健康取材記でも、記事を書いています。       
        http://report.seiko-masuoka.net/

       

 野呂美加さんに伺った電話インタビューの模様を、数回に分けてお届けします。
先ず、1回目は、かけはしの活動内容と低線量被曝の症状について伺っています。

 是非、聴いてみて下さい!




    ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
    WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。




  ※携帯では聴くことができません。


 4回に分けてお届けする予定です。続きは、近い内に・・・・
 (^^ゞ 増岡聖子 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。