2011年10月31日

本当に最初からグンちゃんを見守ってきたうなぎさん達:keunちゃんコミュB

keunちゃんコミュ


 「グンちゃん、お疲れ様ぁ〜♪」
「グンちゃん、一緒に飲もう〜♪♪」
 チャン・グンソクさんのアリーナツアー初日終了後、名古屋名物・手羽先の美味しいお店に落ち着いたkeunちゃんコミュの面々♪ 乾杯前から頬が染まって、気分が高揚気味なのも仕方ありません。つい先程まで、グンちゃんに酔いしれていたのですから・・・・♪♪♪

 さて、このkeunちゃんコミュは、数あるグンちゃん応援コミュニティーの中でも老舗((笑)?)の
私設応援サイトです!名前だけは知っている!!とおっしゃる方もきっと多いですよね!?
 良くぞ、そんなに早くからグンちゃんの存在に気づき応援していらしたものだと、その千里眼に舌を巻く思いです。どんな皆さんが、どのように応援していらしたのか、気になりますよね??そこで、コネクションを駆使して(大袈裟です・・)・・・プチオフ会に同席させていただいたのです。


 今回、keunちゃんコミュの要となる管理人・ままりんさんは名古屋にいらっしゃらなかったのですが、主要メンバーは揃っていらしたようです。keunちゃんコミュを立ち上げるに至った経緯を話してくださいました。
 ファン・ジニで見初めたグンちゃんの成長を見守ってきたベテランうなぎさん達の口から、YouTubeで観たことのある温泉ツアーや、DVDで観たファンミのグンちゃんの手作り明太子丼のお話がどんどん飛び出します。あ〜ぁ、本当にここの皆さんは、長い時を紡いでグンちゃんを愛してきたのだなぁと、しみじみ・・・(*^_^*)。

 名古屋で収録してきたkeunちゃんコミュの皆さんのお話は、これで最後になります。
先ずは、聴いてみてください♪



 ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
     WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。





  ※ iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
   PCからお願いしますね♪
 


 最初の公式ファンクラブが、グンちゃんの事務所移籍に伴って起動しなくなった時に、どうしても応援の灯を消したくないと立ち上がった静岡県コミュの皆さんが、2009年5月にkeunちゃんコミュを立ち上げた時の会員は20名。それが、今や400人を超えるうなぎさん達のコミュニティーとなっています。
 もちろん、新米うなぎちゃん達も大勢加わりました。(このサイトをきっかけに、コミュに参加を決めた方もいらっしゃるんですって♪ ままりんさんからメールを頂いて、嬉しくなりました♪)

 それにしても、お気づきになりましたか?グンちゃんを応援してきた奇跡を辿ってお話し下さっているのですが、年表がしっかり頭の中に入っています。何年何月何日まで♪♪♪ 本当に、凄いっ!!
そんな皆さんが、ちょっと無謀な行動に出る新しいファンや、ずいぶん遠くなってしまったグンちゃんをどんな気持ちで見守っているのか・・・。
 実はね、内心、もうそろそろ良いかな・・・と思っていらした方も少なくないんです。自分たちが支えなくても、グンちゃんは十分大きくなったからって・・・。でも・・・、音声の最後の呟き、聴いていただけましたか? 「グンちゃん可愛いぃ〜〜ハート(トランプ)可愛かったぁ〜ハート(トランプ)ハート(トランプ) もう止めとこうと思ってたのに直ぐこんなになっちゃうんだからぁ〜・・・・」(笑)
 ドームの追加公演での再会を誓って、閉会の乾杯♪

 時間が無かったので、当時のグンちゃんについては全く聴けてないんです・・・私・・(反省)。
ドームに向け上京される時に、伺えるかしら?
皆さんも、聴きたいです・・・・か?ハートたち(複数ハート)




 keunちゃnコミュのHPは、こちら・・・
   http://www.keunchancommu.com/





2011年10月29日

5年後10年後のために、今、放射能汚染された食物に対策が必要!安田節子さんに伺う食の安全@ 

安田節子さん


 楽しい取材ばかりしてきた10日ほどが、あっという間に過ぎていきました。でも、厳しいテーマの取材も、ちゃんとしていましたよ。少し、いつものペースに戻しましょう。しばらくの間は、楽しいテーマと真剣に取り組むべきテーマを交互にお届けして参ります。



 食政策センタービジョン21代表:安田節子さんにお話を伺ってまいりました。
私は、地方局7社ほどでオンエアされている健康番組を担当しているのですが、遺伝子組み換え食品やクローン技術のお話は、迷わず、この安田節子さんに解説して頂きます。いつも、快くご協力くださるので、本当に感謝しております。

 安田節子さんは、日本消費者連盟で反原発運動や食の安全、食糧農業問題に取り組んだ後、「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」事務局長を務めた方です。現在は、2000年に立ち上げた食政策センタービジョン21の他、多方面で活動していらっしゃいますが、皆さんには、先ず、著書「自殺する種子」(平凡社新書)を読んで頂けたらなぁと思います。
 1世代しか芽を出さない種子・・・2世代目は芽吹かないように人工的にプログラミングされているのです。つまり毎年、種子を買わなければならない・・・しかも、そのメーカーの農薬とセットで買わなければ育たない種子・・・・食の世界征服を狙っている遺伝子組み換えのバイオ企業が地球規模で自然を犯しています。
 そんなことも、みんな安田節子さんに教わりました。
 今回、久々にお話をお伺いできることになって、お住まいの近くまで伺うことにしました。あるホテルのロビーで収録させて頂いたのですが・・・途中、2人のおばあ様が立ち寄られて、それはもう大きな声でお話を始められ・・・(笑) ついつい、その声にこちらが掻き消されないようにと私の相槌も大きく頻繁になってしまっています。少々お聞き苦しいかもしれませんが、どうぞお許しくださいませ。

 今回は、原発事故以降の放射能汚染状態から、食品の輸入環境に大きな問題が起きそうなTPPの話題まで、沢山のお話を伺ってきたのですが、数回に分けてお届けする予定の第1回目は、どうして放射能汚染された食物を食べるべきではないのかというところからお送りします。

 是非、家族を守るために、お聴きください♪



 ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
     WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。







 ※ iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
   PCからお願いしますね♪


 セシウムやストロンチウムが、体にとって必要な必須ミネラルの分子構造にとても似ているから、間違えて取り込まれてしまう!ですが、十分に体に本物のミネラルを供給していれば、放射性物質を身体の中に入れてしまっても、無用のものとして排泄されてしまう。要は、必要な栄養素を必要な量だけ日々、供給していれば危険度がずっと低くなるのです。食の質が、ますます問われます。

 毎日、産地表示を警戒しながら献立作りに苦心している皆さん、その努力が家族を守っています♪
5年先、10年先の後悔よりも、今の努力の方がラク!頑張りましょう〜♪
 第2回目以降からは、放射能を体内にできるだけ取り込まないようにするにはどうすれば良いか、具体的な方法もご紹介してまいります。



 安田節子さんのHPは、こちら・・・
 
   http://www.yasudasetsuko.com/





2011年10月28日

カン・ハンナちゃんに聞いてみた♪ 韓国と日本、一番最初に気づく違いは?

ハンナちゃんとピース



 韓国国営放送KBSでキャスターをしていたカン・ハンナちゃんに聞く 「もっと知りたい♪ グンちゃんの国のこと」シリーズ!!4回目の今回は、K-popとJ-popのお話からです。
 前回のお話の中で、日本はとても静かな国だと言う印象を韓国の人たちが持っていると、ハンナちゃんは言っていました。とても意外でしたが、街を歩いていても電車の中でも、とても静かだと・・・。
一方、韓国のポップスもドラマも、とてもストレートに感情を表すケースが多いので、韓国の人から見ると日本の歌やドラマでは物足りないのでは???と、常日頃、思っていたのです。J-popや日本のドラマが大好きだと言うハンナちゃんや韓国の若者は、どんなところが好きなのかな?


 では、聴いてください♪




  ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
     WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。






  ※ iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
   PCからお願いしますね♪



 ハンナちゃんは、韓国で日本のことを紹介したエッセイ集や旅行集を出版しているベストセラー作家でもあるんです。日本好きが嵩じて、韓国での仕事を整理して日本にやってきたハンナちゃん♪ タレント活動もしていますが、大学院生でもあります。7ヶ月で日本語がこんなにスラスラ出てくる語学力でも解りますが、何事もとても一生懸命に取り組む勤勉さには学ぶことが沢山あります。

 あ〜ぁ、それにしても・・・好きだと言ってくれる男の子に、「結構です!!」と迷わずピシャリと言う韓国女性・・・・その潔さが羨ましいですね。もっとも・・・、好かれて困ったなんて経験、そうそうありませんけどね(ーー;)

 ところで、わが娘!ハンナちゃんに初めて会った瞬間から大ファンになり、ぴったりとくっついて離れません。中学1年生の生意気盛り・・・しきりに、「ハンナさん、可愛い♪」を繰り返します。
 ところが、この可愛いという表現、韓国女性は「なんと失礼な!」と思うのだそうです。つまり、「綺麗じゃないわけ??」ということなのでしょう(笑)
 日本では、可愛いも褒め言葉♪ 綺麗というと、冷たい、近寄りがたいというイメージを含むこともあるけど、可愛いには温かいとか優しいと言うイメージが寄り添うのよと説明しました。
 娘は、しきりに今度プリクラに行こうと誘っていましたが・・・さて、実現するといいね!?




2011年10月27日

グンちゃんアリーナ、凄まじい進化♪ 深夜のうなぎトークB

名古屋のホテルにて

 グンちゃんのさいたまアリーナ、最後の公演を観てきました。とっても、嬉しかったので、その感動の熱が冷めない内に記事にしてしまいますね♪ (写真は、名古屋のホテルでデジカメを構える私♪)

 初日の名古屋では、一曲歌うごとに「疲れるぅ〜!!」を連発していたグンちゃん♪ ¥9800も取っておいて、疲れる疲れると言いながら見せていく人なんて他にいないわ!(笑)と思いつつ、芝居を観に来た訳ではなく、ダンスの公演を観に来たのでもないし歌のコンサートを聴きに来たのでもない、何を隠そうグンちゃんを観に来たのだから、それもありよね♪ と思わせてしまう本当に不思議な子だと、それはそれで面白く感じていたのです。
 でも、誰かが呟いているのを見たのかな?誰かに窘められたのかな?今日は、口にしませんでしたね!?素直な子です♪ だから、伸び代が大きいんです♪♪
 
 でも、何より、グンちゃんが「Let me cry」について語ってくれたことが、とても嬉しかったんです。
 実は私には、名古屋での「Let me cry」の観せ方に、少々抵抗がありました。大画面のグンちゃんの歌う顔に、廃墟のような映像が重ねられていたのです。否応なしに、津波の被災地を思い出し、心が痛みました。

 もともとこの曲は、どうしても地震直後の想いを呼び覚まします。日本うなぎにとって、グンちゃんのデビュー曲である以上に大事な曲なのではないでしょうか!?
 3月11日の震災以来、暗く沈んでいるうなぎちゃん達が、待ちに待ったグンちゃんのデビュー曲にどれだけ救われたでしょうか。グンちゃんの曲を沢山リクエストしようと、久々に心を浮き立たせたり、ニコニコ動画のパリーン隊に一時、われを忘れてのめり込んだり・・・。
 テレビをつければ暗いニュースばかりの日々に、少しずつコマーシャルがオンエアされ始めた頃、サントリーのCMのグンちゃんの笑顔に、どれだけ癒されたことでしょう。

 CMと言えば、3月の終わり頃だったでしょうか・・・、ロッテに勤める知人に、グンちゃんの起用を考えてよぉ〜なんて話したことがありました。当時、ロッテのCM枠には、放送広告機構の映像が流れていました。彼は、「今、母の日に向けたCMをどうするかで頭が一杯なんだ。」と、言ったのです。「お母さんを亡くされた方も、お子さんを亡くされたお母さんもいらっしゃる。その人たちの悲しみを煽るような事があってはいけない・・・だから、その先のことまで考える余裕がないんだ。」と・・・。
 自粛していた各企業が、通常通りのCMを再開するタイミングを図っていました。ロッテの母の日のCM,真心を感じる優しい作品でした。その後、どんな経緯でグンちゃんが?・・・何にも教えてくれなかった彼に先日文句を言いましたが・・・話がそれてしまいましたね。
 
 とにかく、ハンガリーからのメッセージといい、義援金・毛布・チャリティーグッズといい、グンちゃんがどれだけ私たちに元気をくれたことでしょう!!だからこそ、私たちは「Let me cry」をグンちゃんが日本で歌ってくれることを待ち望んでいたんですよね!?アジアツアーで歌うグンちゃんの動画を目にすると、ちょっと妬ける気持ちを抑えながら、もう少し!もう少し!と待ち望んでいたんですよね!?

 なのに、初日に観た「Let me cry」には、ちょっと温度差を感じてしまったのです。
 
 昨日、被災地に住んでいらしたご両親を探して、ご遺体安置所を週末の度に尋ねたという方のお話を聞いたばかりでした。
 「延々歩いて安置所から安置所に・・・着いたら、ブルーシートを開けて一人一人のお顔を確認していく・・・大抵の方が苦しそうに喉の辺りに手をあてているのよ・・・」と、声を詰まらせながら話してくださった方の悲しみは癒える事がないのであろうと、胸が塞がる思いで聞いたのでした。
 どれだけの人々が、どれだけの悲しみを抱えて生きていらっしゃるのでしょう。
ですから、あの映像をバックに歌うグンちゃんの「Let me cry」を観るのは、辛すぎると感じていたのです。

 でも、映像が変わっていましたね!配慮してくれたのですね!!本当に、ありがとう!!!

 「Let me cry」を歌い終わった汗びっしょりのグンちゃんが、ベンチに座ってタオルに顔を埋めました。なかなか顔を上げません。泣くのを我慢しようとしたんですね。おもむろに顔を上げたグンちゃんが、あぁ〜と言う声を上げながら天を仰ぎました。
 日本で歌っていないのに、アジアツアーで歌うことに心を痛めてくれていたのですね。グンちゃんは、2度も深々と頭を下げて「ごめんなさい。」と謝りました。歌う度に、日本のことを思っていたと・・・。オリジナルバージョンは、ドームでちゃんと歌うと・・・。
 嬉しかったです。ちゃんと、感じていてくれて、本当に嬉しかったです。日本うなぎにとって、本当に特別な曲だから・・・。

 震災後、3月11日朝のブログを最後にグンちゃんを大好きだったあるブロガーさんの更新が無いと、沢山のブロガーさん達が心配していました。悲しいことに、そのブロガーさんが亡くなっていたことが確認された時に、彼女が大好きだったチャンフィーの画像をプロフィール画像に差し替えようと皆が動き出したのです。たまたま、ツィッターで呟かれたこんなツイを見ました。「海外のうなぎちゃんも皆チャンフィーになっているけど、どうしたんだろう?」すると、誰かが答えました。「有名なブロガーさんが、津波で亡くなったの。その方がチャンフィーがお好きだったので、ご冥福を祈っているんだよ。」
・・・・なんて、優しいのだろう。これが皆、グンちゃんの愛とグンちゃんへの愛・・・・そして、絆。


 グンちゃん、ありがとう♪
グンちゃんがアジアを征服したのをリアルタイムで確認し、世界征服に立ち会えるなんて本当に嬉しいっ♪♪

 ついつい、長くなってしまいました。 
 さあ、今回は、名古屋の深夜のうなぎトークBをお送りしましょう。
先輩であるフリーアナウンサーの水本まゆみさんと聖子が、グンちゃんに惹かれてしまった経緯を熱く語っています♪



   ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
     WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。


 


   ※ iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
   PCからお願いしますね♪



 アリーナツアーの進化を見届けました。
来る東京ドーム、更なる進化を遂げるに違いありません♪
 グンちゃん、ファイティ〜ン♪




  

2011年10月26日

「何でグンちゃんの魅力が解らないの?」と思ってた! :グンちゃんを見守ってきたkeunちゃんコミュ♪

keunちゃんコミュ

 グンちゃんのアリーナツアー、皆さんはもう?それとも、11月のドームまでお預け?
皆さんが、グンちゃんの魅力の虜になったのは、いつ? 
 イケメンからのツンデレグンちゃんファンも、メリでのボヘミアンなグンちゃんやサントリーのCMの甘いグンちゃんに引き寄せられたファンも・・・それ以前のグンちゃんは、一体どうだったんだろうと考えてみることはありませんか?また、いち早くグンちゃんの存在に気づいてグンちゃんを応援してきた人たちは、一体どんな人なんだろうと考えたことはありませんか?

 ベテランうなぎさん達が立ち上げたkeunちゃんコミュのメンバーにお話を伺えば、そんな疑問はすぐに解決しそうです♪
 アリーナツアーの初日に、名古屋でのプチオフ会にお邪魔しました。keunちゃんコミュのフラッグの中で微笑むグンちゃんと一緒に、お話は盛り上がります。しかし、どうしても出てくるのが、チケットが取りにくくなってしまったという意見。あれよあれよという間に日本中が注目することとなったグンちゃんを、どんな想いで見守っていらしたのでしょうか?そこで、グンちゃんの人気が急上昇する直前を振り返っていただきました。
 
 どうぞ、お聴きください♪



 ※下のプレイヤーでプレイボタンを押せば
     WEB上でPODCASTをお楽しみ頂けます。




  ※ iフォンやスマホなら聴いていただけるのですが、携帯からは聴けません。
   PCからお願いしますね♪



 うふふ・・・
配信したらダメ〜と言われた部分、どうしてもカットできませんでした(*^^)v
だって、こんなに和気藹々と仲の良い皆さんの裏話、私だけ楽しむわけには参りません♪

 次の機会には、keunnちゃんコミュを立ち上げるに至った経緯や、昔のグンちゃんのファンミのお話をお届けします♪ お楽しみに♪♪


 keunちゃんコミュのHPは、こちらです・・・
     http://www.keunchancommu.com/
  






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。